診療紹介

よくあるご質問

Q&A

Q. インプラント自体は身体に影響を与える素材を使っていますか?

A. インプラントはチタンで出来ています。チタンは体には全く無害な材質であるだけでなく骨と一体化してゆく身体に優しい素材です。アレルギーの報告もされていません。

Q. 誰でも治療は受けられますか?

A. 年齢的に顎の骨が完成する20歳前後からが望ましいと思われます。健康な方であれば基本的に誰でも治療を受ける事が出来ます。

※全身疾患、妊娠中の方などはインプラント治療を受けられない場合があります。

Q. インプラント治療の際に入院は必要ですか?

A. 特殊なケースを除けば基本的に入院は必要ありません。

Q. インプラントはどれくらい長持ちしますか?

A. お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従って頂く事が大切です。

Q. インプラントの治療費用はどれくらいでしょうか?

A. インプラント治療は現在保険が適応されていない治療です。患者様の症状や埋入する本数にもよりますので、まずはご相談ください。

Q. 以前、歯周病と診断されたことがあるのですが?

A. 口内の衛生環境がよくないとインプラント治療は施せません。まずは正しい歯磨きの方法など状態を改善してからとなります。

Q. インプラントにした後に食事など制限はありませんか?

A. ご自身の歯と同じと思って問題ありませんし、特にインプラント本体に対して影響のある食材はありません。

Q. 交通事故などで歯を失ってしまった場合もインプラント治療できますか?

A. 事故などで歯を失ったとしてもインプラント治療なら他の歯を削ることもなく治療をすることができます。

Q. 治療期間中(抜歯した後)の食事に不便はありませんか?

A. 一時的な歯を装着しますので基本的な食生活に支障はありません。

Q.まともな歯がなく歯医者も怖い

まともな歯がなく歯医者も怖く、どうしたらいいか分からずメールしました。

歯医者が怖くなかなかまともに通えずに、最終的に通っていた歯医者も、仮歯の途中で通えなくなり上の前歯は仮歯が取れてしまう状態で、ボロボロです。

子供が産まれて、このままではいけないと思い治したいと思うようになりました。

先日、意を決し名古屋の審美歯科へ行ったところ、

「うちでも出来るけど、とりあえずもう2件歯医者へ行ってきて欲しい。

インプラントに自信のある歯医者と、近所の通える歯医者さん。その2件でどのような治療方法を提案されるか聞いてきて欲しい。聞いた上でうちでの治療を希望されるのであればお受けします。」と言われました。

どういう意味かは分かりませんが、その日は帰されました。

どのような治療方法があるのか私にはさっぱり分かりませんし、色々聞いた方がいいのかと思い、こちらにメールしました。よろしくお願いします。

 

A.現在多数の歯がないとのことでのご相談ですが、ないままにお過ごしいただくと噛み合わせた反対の歯が伸びてくるのと、隣の歯が欠損部位の方に倒れてきます。倒れてきた歯はいずれ抜けてしまい、そのままドミノ倒しのようにすべての歯が抜けていきます。

そのためにも欠損部に歯を入れる必要性が出てきます。

欠損部に歯を入れる方法として、部分入れ歯、隣と隣の歯を削ってブリッジにするか、インプラントの3種類になります。

すべての治療にメリット・デメリットがあります。

当院院長はアメリカのインプラント学会の認定医にもなっており、年間200本のインプラントオペをさせていただいておりますので、オペ自体は安心して受けていただけます。

あとお子様が産まれたことをきっかけに歯医者に通うことを決心されたとの事ですが、確かにご両親のお口の中の状態はお子様のお口の中にも影響します。西村様が虫歯で歯を失ったのであれば、虫歯菌がお子様の食べるものにも入りお子様の歯も虫歯になってしまうリスクがあります。

○○様ご自身のためにも、生まれてきましたお子様のためにも早急に歯科医院に通われる事をおススメします。

当院では保育士による託児サービスも行なっております。(午前中のみ)お子様連れでも安心して通院していただけます。

Q.インプラントの脱落があると聞きました

インプラントが脱落してしまいました、治療方法はどのような方法がありますか?治療費用はどの位かかりますか?治療期間はどの位かかりますか?

 

 

A.ご質問の内容に対してですが、まず現在お口の中に何本天然の歯が残っておりインプラントがどの部位に何本存在するのかによって、今後の治療の設計は大きく異なってくるかと思います。

固定式の歯を選択される場合、着脱式の入れ歯を選択される場合によっても設計が大きく異なります。

それ以外には現在のお口の中の骨の状態、歯茎の状態なども設計に影響を及ぼします。

ぜひ一度ご来院いただき、○○様のお口の中を見せていただければもう少しはっきりとした期間や治療計画がお伝えできます。

Q.虫歯、歯茎の下がり、歯のぐらつきも酷いです。

6月から海外赴任を言われています。時間があまりなくどのぐらい期間がかかるのか不安です。歯磨き自体を10年ぐらいやっていない時期もあり虫歯、歯茎の下がり、歯のぐらつきも酷いです。

 

 

A.現在(右下)1,(左上)5の歯がないとのことですが、ないままにお過ごしいただくと噛み合わせた反対の歯が伸びてくるのと、隣の歯が欠損部位の方に倒れてきます。倒れてきた歯はいずれ抜けてしまい、そのままドミノ倒しのように歯が抜けていきます。

そのためにも欠損部に歯を入れる必要性が出てきます。

欠損部に歯を入れる方法として、部分入れ歯、隣と隣の歯を削ってブリッジにするか、インプラントの3種類になります。

すべての治療にメリット・デメリットがあります。

治療期間ですが、口腔内を見せていただかないとはっきりとしたことはお伝えできないのですが、歯周病と虫歯の治療ですと来院のペースにもよりますが半年以上はかかると思います。

Q.インプラント治療の引き継ぎ

現在 夫の仕事の関係で アメリカ テキサス州にいます。昨年10月に

アメリカでインプラントをすることになり、歯を抜き、骨のパウダーを入れました。半年置いてからボルトを入れますといわれ 今骨が出来あがるのを待っている状態です。

今年の4月に ボルト等を入れて インプラントの治療をする予定ですが、急に 日本への本帰国が決まりそうです。

もし このような状態で日本に帰った場合、日本でインプラントの治療を受けることは可能なのでしょうか?

ホームページに院長先生は アメリカの資格をお持ちと記載されていましたが、そちらでインプラントの治療を行う場合 院長先生に治療をしていただけるのでしょうか?

ちょっと不安でしたので 無料相談にて メールさせていただきました。

 

 

A.アメリカで骨の移植をされてインプラントを埋入する前に日本への帰国ということですが、もうアメリカに戻ることはないのでしょうか?

インプラントも純チタンでできたインプラント体を埋入してから、骨の状態にもよりますが3~6ヶ月ほどインプラント体に骨がひっつくのを待つ期間が必要になります。

骨がしっかりとインプラント体にひっついたのを確認してから、インプラント体と上の歯を留めるためのネジを付けるオペが必要になります。それから1ヶ月ほどで上の歯をつけることが可能になります。

ですので、インプラントを入れたが再度アメリカに行くことになると、アメリカでネジ~歯を作って頂く必要があり、使用しているインプラントメーカーなどを伝えたりと○○様に手間がかかります。

もしもうアメリカに戻ることがないのであれば、当院でCT撮影をさせていただき現在の骨の状態を確認させて頂き、しっかりと骨ができているのを確認できれば、インプラント体埋入のオペをさせていただきます。骨が思ったほどできていないのであれば、再度骨の移植が必要になる場合があります。

あと、オペはアメリカインプラント学会認定医の院長が行わせていただきます。

また帰国されましたら、一度ご来院いただきお口の中をチェックさせてください。

Q.インプラント治療の総額が知りたい

7番目の歯の神経を抜いてあります、現在仮の詰め物が取れてしまっています。7番もインプラントが必要か?検査費用を含む、インプラントの費用が知りたい。

 

 

A.インプラントのお問い合わせとの事ですが、7番の歯であれば実際の口腔内を診せていただき噛み合わせなどのチェックをして、そのままない状態でも大丈夫な場合が有ります。

一度来院いただきお口の中を診せていただければと思います。

一般的な費用としまして、インプラント一次手術 216,000円
インプラント二次手術 16,200円
インプラント上部構造 108,000円
合計 340,200円

Q.インプラント治療が怖い

歯ぎしりをする。歯周病も指摘されたことがある。インプラント治療が怖い。

 

 

A.現在右下の前から数えて5番目の歯がないとのことですが、ないままにお過ごしいただくと右上の5番目の歯が伸びてくるのと、右下4番目と6番目が名5番目の方に倒れてきます。倒れてきた歯はいずれ抜けてしまい、そのままドミノ倒しのように歯が抜けていきます。

そのためにも欠損部に歯を入れる必要性が出てきます。

欠損部に歯を入れる方法として、部分入れ歯、隣と隣の歯を削ってブリッジにするか、インプラントの3種類になります。

すべての治療にメリット・デメリットがあります。

インプラントの痛みに対するお問い合わせもありましたが、インプラント手術の場合通常の虫歯治療と同じように麻酔をしてからの手術になりますので、手術中の痛みは少ないです。

All-on-4について

Q. 歯がまだ数本残っていますが、All-on-4は可能でしょうか。

A. 可能です。通常、歯が残っている方や義歯を入れている方は手術当日までそのままでご使用いただき、手術当日に抜歯を行ないます。同日中にインプラントを埋め込み、その数週間後(症状によっては次の日)には新しい歯(仮の歯)が入ります。

Q. 大掛かりな手術のようなので、痛くないか心配です。

A. 手術中は麻酔をしっかりしますので、痛みは感じません。また、お口の中は体のほかの部位に比べると、手術の範囲が狭いですし、治りやすい部分でもあります。実際に手術された患者さんからは、思ったより楽だったという感想がほとんどです。

Q. All-on-4をしたいけれど、体力に自信がありません。年齢のことも気になります。

A. あご骨の状態によっては使用できない場合もありますので、歯科医師にご相談下さい。

Q. All-on4の歯磨きは難しいでしょうか?

A. All-on-4で歯磨きが必要なのは、4本のインプラントだけなので、本数的に少なく楽だと言えるでしょう。歯ブラシだけでなく、水流タイプの清掃器具を併用するとさらにすっきりとするようです。

Q. All-on-4後の食事で気をつけることは?

A. 術後しばらくは、できるだけインプラントに無理がかからないように、硬いものは避けていただいたほうがいようです。

お問い合わせ

*は必須項目です
 内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
名前 姓   名 
メールアドレス
 性別 男性女性
 住所
-
都道府県
市区町村番地
マンション・ビル名
電話番号- -
メッセージ

▲ ページトップへ