診療紹介

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の行程と言っても患者様の状態により様々です。ここでは最も一般的な治療の流れをご説明いたします。


1. 治療計画

治療に必要な診査を行いインプラント治療が可能かどうかを診断いたします。それを基に治療計画を立てます。



2. 診査

歯の数、虫歯、または歯周病の状態を確認します。その結果どの歯が残せるか精査します。その後、どの位置にインプラントを埋入することが有効か決定していきます。
その後、実際に模型で歯を作る位置を決めます。

 

この方の場合、長期間はが抜けたままで放置されていたため、歯の移動が起こり、歯並びが乱れてしまったため、矯正治療とインプラント治療を計画いたしました。


術前

術後


3. フィクスチャー埋入の手術

歯根部分となるインプラントの部品(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋入する手術を行います。局部麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けていただけます。

 

この手術を受けている感覚は、歯の神経を処置を受けられたことがある方であれば、それに近い感じです。

 

通常の虫歯治療に使うものと同様の局所麻酔です。

 

多くの方は、痛みよりも口を長時間開けておくことのほうが大変だったと言われます。



4. 治療期間

この期間に顎の骨とインプラントを結合させます。(3ヶ月から6ヶ月)。

 

※患者様の骨の状態により期間は変わります。



5. アバットメントの連結

人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結させます。

 

※この時、簡単な手術を行う場合もあります。



6. 人工歯の装着

お口の中全体の型をとり、その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着し完成です。



7. アフターケア

装着したインプラントを長持ちさせるために定期健診を3ヶ月~6ヶ月間隔で行っていきます。


お問い合わせ

*は必須項目です
 内容 無料メール相談 お問い合わせ その他
名前 姓   名 
メールアドレス
 性別 男性女性
 住所
-
都道府県
市区町村番地
マンション・ビル名
電話番号- -
メッセージ

▲ ページトップへ